整形外科について

整形外科は、骨や関節、筋肉のけが、痛み、知覚障害、運動障害などを診療する専門外来です。身体の芯になる骨・関節などの骨格系とそれを取り囲む筋肉や、それらを支配する神経系からなる運動器の機能障害や外傷による損傷を診断・治療します。

具体的には、骨折、脱臼、切り傷、打撲などの外傷をはじめとして、肩こり、腰痛、膝痛など、日常的に起こる体の痛みや違和感などを扱います。
当院ではお子さまから成人、ご高齢者まで、あらゆる年齢層の患者様の診療を行いますので、お気軽にご来院ください。

このような症状がありましたら、ご相談ください

  • 首、腰、肩・腕・肘・手、脚・膝・足の痛み
  • 肩こり、むちうち
  • 手や足などの痺れ
  • 骨折、打撲、脱臼、捻挫、火傷、各種外傷
  • スポーツによる故障、運動中の体幹・四肢の痛み

症状別に診る代表的な疾患(対象疾患)

症状 考えられる主な疾患
首の痛み、肩のこり 頚椎症、頚椎捻挫(むち打ち症)、頚椎椎間板ヘルニア
肩の痛み 肩関節周囲炎(五十肩)、腱板損傷
腰の痛み 腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、骨粗しょう症 、腰部脊柱管狭窄症
足の痛み 痛風、扁平足、外反母趾
肘の痛み 上腕骨外側上顆炎(テニス肘)、内側上顆炎
膝の痛み 変形性膝関節症、靭帯損傷、半月板損傷、オスグッド病(小児)
手、手首の痛み 関節リウマチ、腱鞘炎、手指変形性関節症
ももの付け根の痛み 変形性股関節症、単純性股関節炎
手の痺れ 頚椎椎間板ヘルニア、手根管症候群
足の痺れ 腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、慢性閉塞性動脈硬化症

超音波骨折治療器による骨折治療について

一般的な骨折治療は、整復・固定後は骨が自然に修復されるのを待ちます。
しかし最近になって、超音波が骨の癒合を促進されることがわかり、治療器として応用されるようになりました。一日約20分、この超音波骨折治療器を骨折部にあてるだけで、骨が癒合するまでの日数が短縮したという報告があります。 当院では、この治療法をお勧めしております。

超音波で骨折が早く治る理由

超音波骨折治療法は、低出力超音波パルス(LIPUS)という弱い超音波を利用しています。
LIPUSは、これまで医療で使われてきた超音波とはまったく異なり、大きな特徴は、ごく微弱な超音波を患部に断続的にあてることです。断続的とは、1万分の2秒あてて、1万分の8秒休止する、というサイクルのことです。
連続的にではなく、断続的に細胞を刺激することによって骨の癒合が促進されるものと考えられています。

超音波骨折治療法のメリット

早い段階から超音波骨折治療法を行えば、骨の癒合が早く進む可能性も高くなります。骨折が早く治れば、職場や学校、日常生活への復帰、スポーツの再開なども早くなります。また治療期間が短くなることは、医療費の抑制にもつながります。
このような理由からも、骨折の積極的な治療である超音波骨折治療法が今、注目されています。

クリニック概要

もとやわた駅前整形外科

所在地
千葉県市川市南八幡5-10-4 2F
電話
047-378-5855
最寄駅
JR・都営新宿線 本八幡駅2分
診療時間
9:00~12:00 -
15:00~18:00 - -

※受付は診療開始15分前からとなります。
休診日:水・日・祝

アクセスマップ